肌の保湿に一番大切なこと・間違ったケアは肌トラブルの原因にも!

保湿はすればいいだけじゃない?

敏感肌・乾燥肌と認識している人の多くは「とにかく水分を!」と思っているケースが報告されていますが、実は「正しい保湿」とは水分を与えておけばいい、というわけでもないのです。最も保湿において気にされるのはやはり顔ですが、自分に合った化粧水や保湿クリームを選ばなければなりませんし、最近ではオーガニックや天然、赤ちゃん用など様々な低刺激製品が出ていますが、敏感肌・乾燥肌の場合にはその成分が悪さをしてしまう場合もあるため、あくまでも敏感肌用の製品を使うように心がける必要があります。また、ビチャビチャとつけてれば良いわけではなく、手になじませた化粧水をお風呂あがり10秒以内に(もちろん水分は拭きとった上で)数秒かけてギュギュっと肌になじませるように浸透させるのが良い方法です。素手で叩くことや、コットンでつけるのは基本的に良くないです。繊維が肌と擦れて肌を傷つけてしまう場合があるからです。中でも、敏感肌の人は肌のバリア機能を作ってくれるセラミドが配合されているものだと非常に効果的と言われています。セラミドとは元々人体にあるものですが、様々な内部要因・外部要因により機能しなくなってくるもので、そういった性質で言えば生体電流と似通った部分もありますね。ということは、人工的に補給することも可能だということです。セラミドとほぼ同じ成分を肌に与えることで、バリア機能を取り戻し外部影響をあまり受けなくなり、きちんと適切な栄養補給を行なっていくのが基本的に正しい保湿の流れとなります。

生活習慣上気をつけるべきこととは?

生活の中での意識・行動を変えることで肌質を変えていく、というアプローチは一般的でみなさん分かっていることですが、具体的にどのような点に気をつければ良いのか、まとめました。まずはお風呂。体を洗う際に固いナイロンのタオルでゴシゴシこすって洗うのはあまり良くありません。汚れがしっかりととれている雰囲気は出ますが、実は体はそこまで汚れません。落とすべき汚れとしてはほこり・汗くらいで、これはサッと流すくらいで落ちてしまいます。石鹸・ボディソープを泡だててしっかりとキレイにしておきたいのは手足など汚れやすいところくらいです(ただし、皮脂の多い顔や頭はしっかりと手で洗いましょう)。タオルでゴシゴシすると、その摩擦で肌が傷ついてしまいます。やりすぎると皮膚が黒ずんでしまいます(メラニン色素が沈着してしまうため)。泡立ちやすいのは分かりますが、ここは優しく。手でしっかりとなでてリフレッシュしましょう。肌のバリア機能としての役割を果たすセラミドは保湿において非常に大事な存在ですが、セラミドは熱湯によってとけてしまいます。その結果乾燥を招いてしまうため、40度以下のぬるま湯に浸かるようにしましょう。セラミドは体にもともとあるものですが、取り戻すのが難しいというのもまた特徴なのです。そしてもちろん、お風呂を出たら化粧水などでしっかりと保湿をしましょう。表面にある脂は当然減っており、水分が蒸発していくため肌内部の水分も一緒に乾いていくので、風呂あがりすぐにつけることをオススメします。ただしその際、コットンなどはあまり使わないようにしましょう。繊維によって肌を傷つけてしまうおそれがあるからです。じっくりと、なじむようにつけるように意識してみてください。一日ためたストレス・疲れを癒やすタイミングであり肌に直接様々な成分や水分を与える一時だからこそ、気を使いたいですね。

正しい洗顔方法とは?

洗顔は、基本的には1日2回という方が多いのではないでしょうか。体は基本的に日常の中ではそこまで汚れていないためわざわざ強く洗浄する必要がないとお伝えしましたが、顔についてはどうしても皮脂汚れがありますし、男性の場合は毎日のヒゲ処理、そして女性の場合は化粧落としのクレンジングなどの必要性があり、さらにはデリケートな部位でありベストな状態を常に保っておきたい部位でもあるので、きちんと正しい洗顔法は抑えておきましょう。まず化粧落とし(クレンジング)ですが、拭き落とすシートタイプやオイルタイプは刺激が強いケースが多いので、敏感肌の人は極力避けるようにして低刺激のクリームタイプでクレンジングをします。その際、繊維で肌を傷つけないように基本的には素手でそっと肌をなぞるように行なってください。さて前置きが長くなりましたが、洗顔方法に入ります。まず洗顔料は、低刺激のものでできれば敏感肌専用と謳っているものがベストです。天然由来など様々な「良さそう」なものが最近では多いですが(決して良くないというわけではなく)、あくまでも敏感肌専用のものをなるべく揃えていきたいところです。成分が違えば、肌の反応も異なるためです。そして洗い方ですが、クレンジング時と同様に手に馴染ませてゆっくりとなでるように行いましょう。汚れが付いているというわけではなく皮脂汚れを落とすことが目的なので、泡立てた泡だけで洗うというのがベストな方法です。この時、小鼻の黒ずみが気になってもひっかいて落としたりはしないようにしましょう。そして、その洗顔料を落とす際ですがぬるま湯で(手でゴシゴシしすぎずに)しっかりと落としましょう。成分が残っていると肌トラブルの原因にもなってしまいます。そして最後に水分をタオルなどで、肌を傷つけずかつしっかりと抑えるようにして拭き取りましょう。

美肌づくりに欠かせないターンオーバーとは

一言に「肌」と言っても、肌は実は何層もの階層に分かれており、最も表面の細胞から剥がれて奥の細胞が表に出てくることで、肌が毎日のように入れ替わっていっているのです。生きている細胞なので、古くなったものは垢になり剥がれていくのです。具体的に言うと、表皮という表のほうの肌は、角質層、顆粒層、有棘層、基底層の順番から出来ており、その下に真皮という層があります。この真皮で起きた肌内部の変化が時を追って表に出てきます。つまり、表面に出てきてしまう炎症・ニキビなどはその表面に出てくるはるか前から発生しているのです。そして、その肌の生まれ変わりのことをターンオーバーと言い、美肌を目指す上では非常に重要で意識しなければならないものです。気になるその周期ですが、約1ヶ月で真皮から表皮まで生まれ変わります、つまりは1ヶ月でまるっと肌細胞は入れ替わっていくわけです。ということは、約1ヶ月前に真皮層で抱えていた肌トラブルが今日くらいに表面化しているということになります。ただしこの周期は早くても遅くても肌トラブルの原因となってしまいます。大体1ヶ月から長くて2ヶ月ほどが平均的な期間ですが、これよりも早いと保湿が十分にされないため乾燥肌を招いてしまい、逆に遅いと過去の古い細胞がずっと残るためくすみやシワの原因となります。では、なぜターンオーバーの周期にずれが起きてしまうのでしょうか。これは様々な環境要因なども影響する可能性があるため一概には言えないと言われていますが、悪い生活習慣は確実に影響してくるとも言われています。1日あたりの睡眠時間が6時間を下回っている人、栄養バランスが偏っており特に炭水化物などが中心でビタミン不足の人など、そういった不規則性などがターンオーバーの周期を変えてしまうので、正常化しないことには肌トラブルが発生しやすくなってしまったりもします。

セラミドを補給するには?

美肌づくりに最も欠かせないと言っても過言でないほど大切な要素、「セラミド」ですが、これがうまく機能しないことで肌に様々な悪影響が起きてしまいます。特に保水機能で、これがないと、潤しても潤しても水分をキープしてくれないので肌の砂漠化を招いてしまい、結果として乾燥肌→敏感肌となってしまいます。セラミドの欠如減少(機能低下)は生活習慣の乱れなどから加速したりもしますが、単に加齢とともに起きてしまう部分もどうしてもあるので、30-40代の敏感肌・乾燥肌の方は基本的にセラミド補給を意識した肌ケアが必要になってきます。そこでセラミドの補給方法ですが、生体電流と同様に、なくなってしまったものをまた人体が勝手に生成して復元してくれるということはないので、外部から採り入れることが必要です。またその際、セラミドそのものは人工的に作ることができないため、それと全く同構造のヒト型セラミドを注入します。なかでも今回ご紹介するアヤナスは、ポーラ・オルビスグループの子会社で、前述のヒト型セラミドを肌の粒子の更に奥まで浸透するナノサイズに分解し、カプセルにしているため浸透力が非常に高い製品です。それと同時に、外部からの刺激要因や水分の蒸散を防ぐバリア機能をアップしてくれるので、敏感肌・乾燥肌・エイジングケアに非常に向いていると言えるでしょう。そして敏感肌に特有の「ゆらぎ」を防ぐことのできるコウキ葉のエキスを配合しており、肌荒れを原因そのものからブロックするという側面も兼ね備えており、最後にポーラ研究所独自の成分であるCVアルギネートを配合、これはハリ・弾力アップに作用してくれるものです。エイジングケア、敏感肌、乾燥肌。このキーワードに少しでも心当たりのある人は、あなた専用かもしれないこのアヤナスをチェックしてみてください。

 

 

ディセンシア つつむ

ホーム RSS購読 サイトマップ